ゲットのミニ美術館2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ALOHA!


前回の続きですが、


今では大人気の「キム・テイラー・リース」ですが、
彼は大変苦労したようです。
作品のご紹介とそれに纏わるお話をさせて頂きます。


ハワイで最も有名な写真家キム・テイラーリースは、
画家を目指していましたが、生まれながら色盲という

ハンデがありました。

しかし、そのハンデを逆に生かしセピア色の画像で

古典フラ「フラ・カヒコ」の時代を超えた古代の

ハワイアンスピリットを表現し脚光をあびました。
しかしここに来るまでには多くの困難がありました。
1979年にハワイで古典フラと出逢って、

彼の追求するテーマ、フラ・カヒコは門外不出であるべき

だと主張する人々と、文化の一端として広く人々に

知られるべきだとの意見の対立が巻き起こったのです。

その中でもキムは25年間ものフラ・カヒコの研究、

古代の衣装や動きを忠実に再現し、実際に踊る

フラダンサーの動きをシャッターに収める写真

を撮り続けました。

決して静止してポーズを取らせることはなく。

踊り続けてこそ、そこにリアリティが生まれ、

より自然で生き生きとしたフィーリングが伝わると

信じています。
モノクロにこだわり続けるのも同様で、見る人に

フラ・カヒコの多彩な世界と脈々と流れる歴史を

感じてもらいたいと望んでいるからだと言います。

フラダンサーが全身で表現する、美しさ・優雅さ・

力強さを、独特のモノトーン写真を芸術の域まで

高めてきました。

彼の作品は国内外でも高い評価を受け一躍世界に

キム・テイラーリースの名が知れ渡り、多くのファンを

持つハワイ代表の芸術家となったのです。



MAHALO


by-J.K



ハワイアンロミロミ&ホットストーン&妊婦ロミロミ

ハワイアンマッサージ専門店 ゲット.ボディーバランス

ロミロミ&ホットストーンマッサージ専門店


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*